c

Cum sociis Theme natoque penatibus et magnis dis parturie montes, nascetur ridiculus mus. Curabitur ullamcorper id ultricies nisi.

1-677-124-44227 184 Main Collins Street, West Victoria 8007 Mon - Sat 8.00 - 18.00, Sunday CLOSED
Follow Us

永遠の神殿ツアー・ルクソール

2021年11月10日~11月16日
2022年3月10日~3月16日
2022年11月10日~11月16日
2023年3月10日~3月16日

彼女がスターゲートを開くと、神々が空から見下ろしました。
いかに人類が創世神話(Creation Story)を尊重してこなかったか、神々には見えました。
人類は、空から見下ろす神々の姿に気づかなかったのです。
神々は人類に多くの試練を与えることを選びました。
人類のための神々の計画は、エデンの園を創る力を与えられた者たちによって中断させられてきたのです。
彼らは知恵の樹を掘り返し、生命の樹を掘り返し、人類が自らの権利や起源を思い出せないようにしたのです。

アッシュより

 

 

古代エジプトの歴史を超えて、現代との関連性を見つけることになるでしょう。
人類は、おそらく人類史上かつてないほど、神聖な生き方や存在意義を夢見ています。

 

上質な旅の体験に勝るものはありません。
私たちは、古代エジプトへの夢を実現するお手伝いをします。
代表的な古代遺跡で夜、一人で浸ることができるようなクオリティの高いツアーを提供します。
最高水準のエジプト学、文化や観光に特化した専門家のネットワークを駆使して、エジプト考古省の許可を得た最高品質のツアーを提供します。
私たちはその質の良さを大切にし、維持しています。
あなたが最高最善を体験できるように、エジプトでのツアーを変えることが私たちの役目です。

 

 

 

宿泊:ハブ・ホテル&エコロッジ(Habu Hotel & EcoLodge)

古代遺跡の最も素晴らしい景観の中に、古代エジプトとその著名な考古学者たちのタイムラインが鎮座する。そんな歴史的ホテルを想像してみてください。
ルクソールは新しい大エジプト博物館をも凌駕します。
あなたはここで伝説の王や女王の足跡をたどりながら時間旅行して、古代エジプトのスピリットや永遠なるファラオの魂たちを知ります。

 

 

 

 

1日目
到着

 

 

 

2日目
デンデラのハトホル神殿&アビドス

デンデラとアビドスの創世神話

最古の「フラワーオブライフ」はエジプト、アビドスにあります。
考古学者の多くは、少なくとも6000年前のものであるとしています。
アビドスのオシリス神殿にあるフラワーオブライフは、彫られたものではなく、花崗岩にレーザーで精密に描かれた可能性があります。
永遠へのゲートウェイの象徴であり、私たちが本来持っている神聖な運命のブループリントと地球上での魂の本来の使命へ戻っていく旅路の象徴である、ラーの目をあらわしています。

 

アセンションのための再編成
ゼロポイント・アクティベーション
スターゲート体験

 

デンデラ ハトホル神殿
デンデラはギリシャ・ローマ時代の神殿で、古代エジプトでは「イウネット(Iunet)」または「タンテレ(Tantere)」と呼ばれていました。
現代のアラブ人の町は、「聖なる柱の彼女」を意味する「タ=イネト=ネテルト(Ta-ynt-netert)」の古代遺跡の上につくられています。
デンデラの黄道帯は、エジプトのレリーフ技術による作品で、ハトホル神殿の中にあるオシリスに捧げられた礼拝堂の入り口の空間の天井にあります。
そこには牡牛座(雄牛)とてんびん座(秤)なども描かれています。
この礼拝堂はプトレマイオス朝後期につくられました。アセンションの詳細な預言です。

 

 

 

3日目&4日目
カルナック神殿群

カルナック神殿の創世神話

カルナックの巨大な神殿群は、新王朝時代(紀元前1550年~1070年)のテーベにおけるアメン・ラー神の主要な信仰所でした。
世界でも有数の規模を誇る神殿複合体です。

 

ムト神殿
720体のライオンの女神セクメト像は、アメンホテプ3世が彼の「数百万年の神殿」に設置を委託したもので、1年の各日に2体ずつ捧げられました。

 

アケト
トトメス3世のオシリス礼拝堂
大列柱室によるホールを建造したセティ1世とラムセス

 

 

 

5日目
ルクソール神殿

ルクソール神殿の創世神話

この神殿は「ゼプ・テピ」、つまり「最初の時」、世界の創造のはじまりを反映するようにつくられました。
創造の丘が原初の水から現れたそのときを反映したものなのです。

 

アメンホテプ3世(建設者)とラムセス2世

 

 

 

6日目
王家の谷

王家の谷(アラビア表記: وادي الملوك‎ 、コプト表記: ϫⲏⲙⲉ、ラテン表記: džēme)はまた「王の門の谷」とも呼ばれています。
紀元前16世紀から11世紀までの約500年間、新王国時代(第18王朝~第20王朝)のファラオや有力貴族の岩窟墓が掘られた谷です。

 

ツタンカーメンの墓
死者の書
ドゥアト
タウセルト
門の書
永遠

 

メディネット・ハブ
メディネット・ハブの創世神話では、この地はアメン神が最初に現れた場所としてジャメという名でも知られていました。
ハトシェプストとトトメス3世がアメン神に捧げられた神殿をこの地に建て、のちにラムセス3世がさらに大きな葬祭殿をその場所に建てました。
ラムセスとネフェルタリ。

 

メムノンの巨像
メムノンの巨像は、第18王朝でエジプトを統治したファラオ、アメンホテプ3世の2体の巨大な石像です。
紀元前1350年頃から、現在のルクソール市の向かい、ナイル川西岸のテーベのネクロポリスにそびえています。
アメンホテプ3世と王妃ティイ。

 

ラムセス葬祭殿
ラムセス葬祭殿は、ファラオ、ラムセス2世の記念神殿です。
テーベのネクロポリスに位置し、「数百万年の神殿」として知られています。

 

 

 

7日目
出発

0