c

Cum sociis Theme natoque penatibus et magnis dis parturie montes, nascetur ridiculus mus. Curabitur ullamcorper id ultricies nisi.

1-677-124-44227 184 Main Collins Street, West Victoria 8007 Mon - Sat 8.00 - 18.00, Sunday CLOSED
Follow Us

12日間グランドツアー

カイロ、ルクソール、アスワン
2021年7月1日~7月12日
2021年10月16日~10月27日

1日目

早朝または前日までに到着

アブ・ロアシュへのツアーを昼間より開始

アブ・ロアシュ(Abu Rawash、Abu Roach、 Abu Roashなどと綴られる。アラビア語:‫ابو رواش‬‎ )はギザの8km北に位置し、
エジプト最北のピラミッドで、「失われたピラミッド」として知られています。

クフ王の後継者であるジェドエフラーのピラミッドで、大部分が崩壊しています。

ピラミッドの内部構造を見ることができ、大変訪れる価値のある遺跡の一つです。

 

リモート・ビューイング(遠隔視)体験

 

 


2日目

ギザ、クフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッド

現存する最後の世界七不思議をゆっくりと体験していただきます。

ギザのピラミッド複合体はギザ・ネクロポリスとも呼ばれ、カイロのギザ大地にある、グレートピラミッド、カフラーのピラミッド、
メンカウラーのピラミッドを含む遺跡です。

 

リモート・ビューイング(遠隔視)体験

 

 


3日目

アブシール、アブグラブで乗馬

アブシール(Abū Ṣīr、Abusirとも綴られる)は、エジプト北部、Al-Jīzah(ギザ)とサッカラの間にある古代遺跡です。
第5王朝 (紀元前2465~2325年)の3人の王たち(サフラー、ネフェリルカラー、ニウセルラー)がそれぞれピラミッドを建てた場所です。

 

西の砂漠での意識のトレーニング

 

 

 

4日目

サッカラ階段ピラミッド、ウナス王のピラミッド

西の砂漠に7kmにわたって広がるサッカラは、古代メンフィスの巨大な墓地で、3500年以上、埋葬地として使われていたエジプト最大の遺跡です。

 

ダハシュール赤ピラミッド、屈折ピラミッド

サッカラの約10km南にある、全長3.5kmにわたる第4王朝~第12王朝のピラミッド群です。

もともと11のピラミッドがありましたが、現存するのは古王国時代の2つのピラミッドのみです。

クフ王の父、スネフェル王(紀元前2613年~2589年)は、エジプト最初の正ピラミッドである赤ピラミッド、
そしてその試作バージョンの屈折ピラミッドをここに建設しました。

この印象的な2つピラミッドは同じ高さで、ギザのクフとカフラーのピラミッドに次いで3番目に大きいピラミッドでもあります。

 

ピラミッドでのゼロポイント・トレーニング

 

 

 

5日目

カイロ博物館 ツタンカーメンのコレクション

ルクソールへ国内線で移動

 

 

 

6日目

アビドス

最古の「フラワーオブライフ」はエジプト、アビドスにあります。

考古学者の多くは、少なくとも6000年前のものであるとしています。

アビドスのオシリス神殿にあるフラワーオブライフは、彫られたものではなく、花崗岩にレーザーで精密に描かれた可能性があります。

永遠へのゲートウェイの象徴であり、私たちが本来持っている神聖な運命のブループリントと地球上での魂の本来の使命へ戻っていく旅路の
象徴である、ラーの目をあらわしています。

 

アセンションのための再編成

ゼロポイント・アクティベーション

スターゲート体験

 

デンデラ ハトホル神殿

デンデラはギリシャ・ローマ時代の神殿で、古代エジプトでは「イウネット(Iunet)」または「タンテレ(Tantere)」と呼ばれていました。

現代のアラブ人の町は、「聖なる柱の彼女」を意味する「タ=イネト=ネテルト(Ta-ynt-netert)」の古代遺跡の上につくられています。

デンデラの黄道帯は、エジプトのレリーフ技術による作品で、ハトホル神殿の中にあるオシリスに捧げられた礼拝堂の
入り口の空間の天井にあります。

そこには牡牛座(雄牛)とてんびん座(秤)なども描かれています。

この礼拝堂はプトレマイオス朝後期につくられました。アセンションの詳細な預言です。

 

 

 

7日目

ルクソール神殿

この神殿は「ゼプ・テピ」、つまり「最初の時」、世界の創造のはじまりを反映するようにつくられました。

創造の丘が原初の水から現れたそのときを反映したものなのです。

カルナック神殿複合体カルナックの巨大な神殿複合体は、新王朝時代(紀元前1550年~1070年)のテーベにおける
アメン・レー神の主要な信仰所でした。

世界でも有数の規模を誇る神殿複合体です。

 

ゼロポイント・トレーニング

ヴォイドの中へ

神聖な女性性 考古学的証拠

星の起源

 

 

 

8日目

休息日

私たちの新しいアセンションプロジェクトセンター訪問、現地の村の生活、スーフィー音楽、
ベドウィン(遊牧民)スタイルのエジプシャンディナーなど。

 

 

 

9日目

王妃の谷

ネフェルタリの墓 特別訪問

ルクソールのイシス神殿

アイの墓

ツタンカーメンの墓

 

ゼロポイント・トレーニング

ヴォイドの中へ

神聖な女性性 考古学的証拠

星の起源

意識のトレーニング&考古学

 

 

 

10日目

バスでアスワンへ出発

アスワンのイシス神殿

フィラエ神殿は、古代エジプトの女神イシスに捧げられた神殿群の小さな島で、世界遺産に登録されています。

ヒエログリフや巨大な柱廊など、ファラオ時代後期の建築様式が見られます。

未完成のオベリスク遺構。オベリスクの精密な切削技術が見られる素晴らしい場所です。

まわりの花崗岩の石切り場には、巨大な車輪状に切り出された石がたくさん残されています。

 

意識のトレーニング

 

 

 

11日目

ラムセス2世のアブシンベル神殿

オジマンディアスは、エジプト第19王朝の最もパワフルな王、ラムセス2世の別名です。

ラムセスの治世は、レバント、ヌビア、シリアへの軍事作戦を成功させ、エジプトの黄金時代を築きました。

 

 

 

12日目

カイロに向けて国内線で出発

カイロから国際線で帰国

 

 

 

 

ツアー代 4000£

 

グレートピラミッド貸し切り訪問オプション 400£

 

4つ星ホテル、ツインルームでシェア。

シングルルーム代 600£

 

朝食は含まれています。その他の食事、飲み物は含まれていません。

国内線の往復費用、レクチャー、意識のトレーニング、グループ・アセンション・アップグレード、リモート・ビューイングがツアー代に含まれています。

0